サラリーマンライターの英語学習✕海外駐在✕仕事✕転職のコツ

日本育ち留学なしの新卒TOEIC420からキャリアアップしてきた丸尾がサラリーマンライターとして英語学習と海外駐在と仕事と転職の自分なりのコツなどを淡々と記録します。

【転職】キャリアプランと理想の仕事

 

転職について最近考えることが多いので、キャリアをズラすことの意味と、自分の理想の仕事について、自分のこれまでのキャリアを考えてみました。

 

 

今回のブログのベースになっている本はこちら。 

 

 

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法

 

 

 

 

ズラすキャリアの要素

自分が意識して職歴を作っている要素は3つあります。

  • 業界
  • 職種

 

例えば、 一番初めのキャリアは、日本の、IT業界の、ITエンジニアでした。設計してプログラム書いてテストしてとバリバリの下流工程含めた黙々とこなしていました。

 

 

キャリアをずらす

 

先程の3要素のうち1つを常に変えて「ずらす」ことを実践しました。異動・昇進・転職のなかで、職種→国→業界→・・・とキャリアをズラしました。変わった1要素については、猛烈な勢いで勝手にキャッチアップできます。

最初は新しい要素、例えば新しい職種についたら、とても疲れるんだけど、無意識のうちに自分自身で勝手に新しい職種で必要なスキルや動きを学習をしているんだと思われます。だから、気づいたらキャッチアップができていて、そのときには自分のできることの幅が広がっているという具合に勝手に成長しています。同じ環境にいるのではなくて環境を変えなさいと言われるのは、まさにこのメリットがあるからだと思っています。

 

 

 

 

同じ環境のなかで抜きんでるのは正直つらいですが、経験やバックグラウンドが異なるところに飛び込むと、当然、自分にだけ貢献できることがあります。そうやって、環境を変えることで自分の独自性が磨かれていくことがあります。

 

 

 

次のポジションで試したいこと

キャリアを1要素だけずらし続けてきた結果に、今は満足しています。キャリアの幅は広がるし、一貫性を築けるし、掛け合わせで自在としてのレア度もあがります。そして、幸運にも常に年収は上がり続けています。これからも過去のキャリアと経験を掛け合わせて、市場価値を高めにいく戦略は、使い続けます。その一方で、次のポジションでは、キャリアをズラすだけでなく、「◯◯をしたい!」も追求していきたいと思っています。

  

 

「こういう状態」で仕事をしたい

もちろん、◯◯をしたい!というのがあれば最高なわけですが、自分にはそんな好きなことはありません。好きなことを仕事にしろと言われ続けても、仕事にしたいほど好きなことがないわけです。だから現実解として、仕事にするほど好きなことがない前提で、得意なことを、好きになるようにして、それを仕事にするというアプローチのほうが前に進めるし自分にあってる気がしています。

 

ちなみに得意なことというのは、”あまり苦労した気がしないが、相手が凄く喜んでくれること”と定義してます。

 

転職の思考法にも書いてありましたが、したいことが明確なTodo型人間よりも、こういう状態でありたいというBeing型人間の方が一般的だそうです。悲観的になる必要もないかと思ってます。

 

 

 

 

ということで転職活動を続けていきます。

 

 

 

 

PS:世にスーパースターが書いた本が溢れている中、きっちりした普通の転職を体系的にまとめてあるいい本をご紹介します。これを読んでつらつら考えるのが最初の一歩にするといいと思います。

 

 

転職に向いている人 転職してはいけない人

転職に向いている人 転職してはいけない人

 

 

 

 

みんな言っていますが、いつでも転職できる状態でいるのが精神衛生上も非常におすすめです。これは本当です。

 

丸尾