サラリーマンライターの英語学習✕海外駐在✕仕事✕転職のコツ

日本育ち留学なしの新卒TOEIC420からキャリアアップしてきた丸尾がサラリーマンライターとして英語学習と海外駐在と仕事と転職の自分なりのコツなどを淡々と記録します。

新卒総合職の新卒ガチャと異動ガチャで失敗したときに考えたいこと

 

 

こんにちは、丸尾です。

 

 

日本企業で組織人をする場合、キャリアはデザインするものではなく「人事異動」で決まるものといっても過言ではありません。5年後ならまだしも、人によっては1年後何をしているのかも全く読めないこのシステムが、社員のモチベーション減退と不幸増大を引き起こしています。

 

 

この異動・配属について、つらつら考えてみました。

 

 

 

日本企業で働いたことがある人はわかると思うんですけど、希望通りいくことはほとんどないです。個人の希望キャリアをヒアリングされることはありますが、そこで熱い思いを伝えても希望通りいくことはほとんどないです。当事者には摩訶不思議です。偉い人や上司の「もうすぐ異動させるよ」話は、基本的に信頼できません。信じると泣きます。むしろ泣かせるための前フリです。

 

 

 

と、個人視点からみるととんでもなく理不尽な仕組みですが、「総合職」の採用とは新卒は「企業のブランド」に対して就職という形で、そもそも就職でなくて就社をしています。職にこだわりないですよ、という形で就職しているんですよね。

これを前提に組織である企業の視点から眺めると、個人の希望が叶うことはないのが普通です。組織の中で個人の希望とは、(最後の最後の最後に)考慮される単なる要素の1つです。

組織の中で個人は替えがきき、組織はシステムを維持することが個人より優先されます。そして、すべての総合職の希望を叶えると人材配置しきれないですし、数人の思いだけを叶えると公平性を欠いてこれもまた早期退職につながるでしょう。

 

 

 

でも、そんな世界でやりたい職をもってしまった当事者の視点で考えると、キャリアが左右されるのに、希望通りにさせてもらえない、キャリアデザインのできないとんでもない世界なのです。

 

 

どうすればいいのでしょうか?明確な処方箋はありません。個人の希望をこれでもかと明確に示し続けましょう。それでもダメなら諦めるしかありません。

  

 

 

 

ということで、希望しない部署に配属されてしまったスキルのない新卒や若手のみなさまにおかれましては、軸となるキャリアも職歴もなく、キャリアアップ転職はできないと思いますので、とりあえず、目の前の仕事に取り組みましょう。取り組みながらWill(やりたいこと)とかCan(ポータブルスキル)をつくるといいです。

 

 

そもそも、日本企業でキャリアの第一歩を選べることはほとんどありません。みんなそんなもんなので気を病む必要はないです。そして冒頭のとおり、就社という形で総合職採用の企業を選んだのはあなたです。(本気で目指しているキャリアがあるなら、総合職に就職してはいけません。)

 

 

 

ちなみに、私は凡人でしたので、確固たる希望キャリアや活かしたいスキルは一切もっていませんでしたので、この辺の意識高い悩みはありませんでした。日本伝統的大企業の価値が揺らいでいる最中にこの総合職採用で入社された方の凡人率も相応に高いと思いますので、四の五の言わずに目の前のことに取り組んだ方がいいです。

 

 

 

 

希望通りにいかなければすぐに辞職・転職すべきという意見もありますが、個人的には賛成できません。現実問題としてキャリアもスキルもなにもない新卒が辞めるのは、その人にとって損となるケースの方が多いのではないかと思っています。

 

 

 

もちろん、すぐに辞職・転職すべきという考えと時代背景も理解はしています。個別ケースで辞めた方がいいときもあるでしょう。我慢の限度だったり損得計算もひとりひとりの価値判断すべきです。

 

 

 

それでも、最初の転職は、何かしらのスキル(少なくとも基礎)をつけて、それを軸にしたキャリアが見えたところで、次の一歩を踏み出すために使うのがいいと思っている今日このごろです。

 

 

ただ、そこからずっと異動できなかったり、そこで一定期間は頑張ってみたけれど、本当にダメだという可能性もあると思います。そうなったときのための転職の準備はしておいた方がいいです。それに新卒ガチャを運良く乗り越えたとしても、総合力にはまだまだたくさんのガチャが待ち受けています。 色んなガチャについてはこちらの記事にまとめました。

 

 

www.global-cross.biz

 

 

 

 

転職できる状態の価値ある社員でこそ、退職されたら困るので人事異動の希望もとおりやすくなるはずです。希望がとおらなければそれこそ転職してしまえばいいと思います。「いつでも転職できる状態」についてはこちらの記事にまとめてみました。

 

 

www.global-cross.biz

 

 

 

 

 

ガチャについては、うまくいかなくて辛いことが多いはずですが、入社した以上は、腐らないでうまくつきあっていくしかありません。頑張っていきましょう。

 


 

 

サラリーマンや英語について発信するTwitterやってます。

 

twitter.com