会社員丸尾のキャリアと英語の記録

日本育ち留学なし純ドメTOEIC420凡人社会人が、英語・就活・昇進・転職をうまく積み重ねて欧米アジアで駐在するなどキャリアアップしていきました。キャリアアップの工夫と努力の方法を伝えるように発信してます。

英会話レッスンの使い方〜TOEIC400点台でもメリットだらけ〜

こんにちは。



最近、妻が毎日英会話のレッスンを自宅で受けています。横で見ていると自分自身が英会話のレッスンに取り組んでいた記憶が思い起こされたので、今回の記事では英会話レッスンについて思うところを書いてみたいと思います。







英会話レッスンを迷っていたり、使いはじめたけどイマイチ乗り切れていない方などは、英会話レッスンを受けるといい理由、ビジネスに英語を使う場合にオススメの受け方などを書いてみたのでぜひ読んでみてください。









さて、まずは英会話レッスンの効果があるのかどうか、ですが、上のツイートにも書かせてもらったとおり、個人的には英会話は日本人が英語を使えるようになるためには必須だと思っています。



自分自身、英語力が身についたのは英会話レッスンのおかげといっても過言ではありません。「不可能」とは言いませんが、英会話レッスンなしで学習していたら未だに現在のレベルにたどり着けていないかもしれません。



忙しいビジネスマンであれば、無理せずに資金を投入してレッスンを投入する以外の選択肢は現実的ではないとさえ思います。だからこそ、妻にも最初の最初から会話力の学習をしてもらって、英会話のレッスンを強く勧めました。



英会話レッスンがなぜ良いかというと、その1つは「英語のアウトプットの練習になるから」でしょう。別に英語に限りませんが、アウトプットをすることでインプットした内容がほんとうの意味で自分自身に定着していきます。



スポーツも、勉強も、音楽も同じではないでしょうか。ただし、これらと英語が違うのが「アウトプットの練習をする機会が驚くほどない」ということです。野球の基本であるキャッチボールをすることができないのです。練習試合なんて夢のまた夢です。



次にフィードバックがもらえるから、です。発音や文として合っているか、などはどうしても自分では気づけないので講師の方にフィードバックをもらって修正しましょう。フォードバックこそが財産です。自分もノートに全てまとめていました。



最後の一つが、モチベーションになるから、です。英語を話す最終目的は英語を使って海外の人と意思疎通をすることだと思います。だからこそ例えただのレッスンであっても意思疎通できた経験こそが成功体験となって学習のモチベーションの源泉となると思うのです。



これがなければ、この英語の最終的な運用力での成功体験を積むことができるのは、TOEIC900点などのテストでの高得点・留学などといったハードルの高いものだらけになってしまいます。そこまで辿り着ければよいのですが、途中でモチベーションが足りなくなってしまう人は多いでしょう。



こちらの記事にもまとめたとおり、それほどまでに社会人からの英語学習はモチベーションが不足しがちです。モチベーションが持たないと思ったら諦めるまえに英会話レッスンも使ってみてください。



まだ自分には英会話は早いと思われる方もいらっしゃるかもしれません。でもTOEIC460点を取る数ヶ月も前から妻はオンライン英会話レッスンに取り組み始めていて意思疎通できていますし、何より「楽しい」と言っています。



どうせ諦めたり、楽しくないままの学習を続けるくらいであれば、無料体験などで英会話レッスンを受けてみてもいいかと思います。



無料体験できるレッスンを12個受けてみてまとめた記事はこちらですが、もし時間がない人に1つだけオススメするであれば、予約も不要で7日間の無料体験レッスンが何度も受けまくれるネイティブキャンプを強くご紹介しておきます。








記事を終える前に、自分が気をつけていた英会話の受け方を2つだけご紹介します。



1つ目は講師についてです。感じが良い人、相性が良さそうな人を選ぶのは基本中の基本です。それに加えて先程も書いたとおり、フィードバックこそが英会話レッスンの財産です。だからこそ、自分の間違いを指摘してくれる人を探します。そして、スケジュールの都合もありますが、なるべく同じ人と受けます。



2つ目はフリートークで話す内容です。ある程度慣れた方向けかもしれませんが、とにかくビジネス英語の効果を上げるために仕事に近い話題になるようにしていました。具体的な手順としては、1.英語の記事を選んでそれを読み込む 2.講師にリンクを送っておいて、まずは自分が先生に説明してあげる 3.質疑 これだけです。これも何度も同じ記事を別のレッスンで使い込んでいました。



英語に慣れないうちは、話す内容の方を固定して繰り返し繰り返し同じようなことを話し込んで自分自身に定着させるくらいが丁度良いと思っています。ちなみにビジネス英語はどうでもいいんだ、という妻のような人がいたら日本のことをネタにして話すのがいいと思います。



妻がまさにこの方法で英会話を受けていますが、使う話のネタと英語表現については、「英語で話す!まるごとJAPAN」という本にまとまっているのでこれをそのまま勉強しています。








いかがでしたでしょうか。日本人はどうしても英語を読み書きできるようになっててから英会話というステップを踏みがちですが、英会話は読み書きと並行しても学習できます。そして、何より意思疎通という英語のメリットを感じられるのが英会話です。



英会話レッスンも、レッスンではありますが、れっきとした英会話です。もしまだ取り組んでいない方がいらっしゃったら取り組んでみてもらえると嬉しいです。









自分自身が社会人になってから英語を身に着けた学習過程はこちらですが、最近はツイッターやブログで英語を頑張っている妻の学習記録を定期的なTOEIC結果がメインになってきています。良ければフォローください。








www.global-cross.biz